2重振り子でみる初期値鋭敏性

投稿日:2020年11月30日 投稿者:

こんにちは、えむしーじじょうのShikiです。

ライトな記事をひとつ。

前にバタフライエフェクトに関する記事でカオスの初期値鋭敏性に触れました事があります。

 
今回は2重振り子のシミュレーションで初期値鋭敏性の威力を紹介します。
こちらのシミュレーション結果をご覧ください。

いかがだったでしょうか? バタフライエフェクトよりも視覚的に分かりやすかったかと思います。

この計算では赤→橙→緑→水→青の順に0.001%だけ初期位置をずらして計算しています。これだけ小さなずれでも十数秒後にはバラバラに動き、2重振り子の動きの予測が困難なことが分かります。

2重振り子は実物を作って実験することもできますが、初期値鋭敏性の試すにはシミュレーションが持ってこいですね。

短い記事でしたが、隙間時間を楽しんで貰えていたら幸いです。

終わり。

<関連記事>
音声可視化データベースの解説

こんにちは、えむしーじじょうのShiki Read more

美しきかなバラ曲線

こんにちは、えむしーじじょうのShiki Read more