サイエンスミュージアム

投稿日:2017年2月4日 投稿者:ジミー

本場サイエンスカフェが生まれたイギリスで、サイエンスの風を感じるため、ロンドンの高級住宅地ケンジントンにあるサイエンスミュージアムに訪問してきました。


ちなみにサイエンスミュージアムは、1857年に設立され当初は、ケンジントン・ミュージアムと呼ばれていたそうです。

ミュージアムは、天文学、気象学、生化学、電磁気学、航空学と5つのステージから構成されており、1階のグッズ売り場には、日本では手に入らなさそうなサイエンスグッズが豊富に取り揃えています。

さすが産業革命の国、イギリスだけあってジェームズワットの蒸気機関や、アポロ10号と月の石の展示、ブリティッシュエアの旅客機のカットモデルなど興味深い展示が目白押しです。




他にも、アインシュタインの展示、グラハムベルが開発した世界初の電話、シャノン・チューリングによるコンピュータの原型などサイエンティスト&エンジニアにフォーカスした展示も充実していました。




<関連記事>
音声可視化データベースの解説

こんにちは、えむしーじじょうのShiki Read more

非接触空間センサーを展示中!

3D UI labの前田様が開発された非 Read more

スポンサーリンク