11/8(日)サイエンスカフェ「サイエンスニュース、留数、ナミビア」

投稿日:2020年10月25日

こんにちは、えむしーじじょうのShikiです。
そろそろ紅葉が始まる時期ですね。皆さんの地域の紅葉はどうでしょうか?
 

さてさて、11/8(日)は発表形式のイベントを開催いたします!
 

始めは、月に1度のサイエンスニュースです。いつものようにネタを提供をお待ちしています。
続いて数学の面白さを伝えてくれるヒーラーさんが今回は留数をテーマに発表してくれます。
最後は当イベントで初の発表となるyujiさんが青年海外協力隊員として赴任されていたナミビアでの理科事情とナミビアの自然について発表してくれます。
 

今回は発表者のお二人が遠方のため、オンライン主体のイベントとなりますが、
会場の方が質問や議論がしやすい!という方はぜひ会場までお越しください!
 

スケジュール

2020年11月8日(日)
14:00~14:30
   開場(zoomは14:00頃から)
14:30~15:00
   タイトル:サイエンスニュース
   発表者:座談会
15:10~16:10
   タイトル:色々な級数を計算しよう~留数ってすごい!?~
   発表者:ヒーラーさん( 大学教員 )
16:20~17:20
   タイトル:ナミビアと理科
   発表者:yujiさん( 理科教師 )
17:20~18:00
   振り返りや雑談など
 

発表内容

サイエンスニュース

座談会

参加者の皆さんから提供して頂いた最近気になったサイエンスニュースで30分ほど語り合いましょう。ネタのご提供お待ちしています!
 

色々な級数を計算しよう
~留数ってすごい!?~

発表者:ヒーラーさん( 大学教員 )
 
複素解析に登場する留数について述べる。
留数は積分の計算を手助けしてくれるもので、その際に用いられる留数定理は複素解析における重要な結果の一つである。この留数定理を応用することで、平方数の逆数の和をはじめ、多くの級数の計算が可能となる。(級数とは数列の和のこと。)そこで、実際にどのような級数の計算結果が得られるのかを紹介する。
 

ナミビアと理科

発表者:yujiさん( 理科教師 )

青年海外協力隊員として、アフリカのナミビア共和国で理科実験の推進を行ってきました。ナミビアと理科を絡めて、学校でのサイエンスフェアの話、砂漠地域の気候や自然の話などをさせていただきます。美しい自然が広がるナミビアのことを少しでも知っていただけたらうれしいです。
 


 

会場参加

参加費:通常営業通り(フルタイムで3000円)
定員:6名程度
参加方法:以下のいずれかでお申込み下さい。

会場参加(googleフォーム)

会場参加(LINE)ご登録後、会場参加の旨をお知らせ下さい。

 

web参加

参加費:500円(前払い)
定員:100名

web参加(お支払いへ)

※イベント中や直前に申込や決済された場合、こちらが気づけない可能性がありますので余裕を持ってお申込下さい。

また、回数券を使用される方はLINEアカウントの方にご連絡下さい。

<関連記事>